東北の魅力 日本東北地方ウィンタースポーツ・観光セミナー」大連で開催

人民網日本語版 2018年10月23日09:55
「東北の魅力 日本東北地方ウィンタースポーツ・観光セミナー」大連で開催
「日本東北地方ウィンタースポーツ・観光セミナー」会場の様子。

日本の東北運輸局などが主催し、人民網日本株式会社及び株式会社Channel Jなどが協賛する「東北の魅力 日本東北地方ウィンタースポーツ・観光セミナー」が20日、遼寧省大連市で開催された。在瀋陽日本国総領事館在大連領事事務所の大木新輔領事や、池田好宏副領事、宮城県大連事務所の林香所長、大連市スキー協会の王桂華会長、日本東北地方のスキー場の代表者及び、中日両国のスキークラブに所属するスキーヤーら約100人が集まり、中日両国のスキー分野における協力の可能性などについて討論を行った。人民網が報じた。

セミナーには在中国日本大使館の横井裕大使より開催を祝う動画が寄せられ、「近年、訪日中国人観光客には大きな二つの流れが見られ、団体旅行から個人旅行へ、ゴールデンルートから地方へというこの流れは中国人観光客が日本の隠れた魅力を再発見する流れとなっている。日本のスキーというと、北海道や長野県が有名だが、今日のセミナーで紹介する日本の東北地方にも素晴らしいスキーリゾートがたくさんある。22年北京冬季五輪の開催に向け、中国でスキー人気が高まり、より多くの方々が東北地方を始めとする日本のスキーリゾートを訪れていただきたい」とした。

大連市スキー協会の王桂華会長は、「日本のウィンタースポーツの発展のレベルと成功してきた実績は中国にとって非常に貴重。近年、中国のウィンタースポーツの発展は著しく、特に2022年の北京冬季五輪開催決定により、ウィンタースポーツや同産業は新たな発展段階へと歩みを進めている。今回のセミナー開催は一般の人々にとってのスキー旅行という市場の展開に大きな役割を果たしており、今後ウィンタースポーツを展開していく上で、業界全体を牽引して行く役割を担っている」とした。

日本の東北地方には数多くのスキー場や観光施設がある。例えば、福島県の裏磐梯グランデコ東急ホテルは、スキー場とホテルが一体となったリゾート型の観光施設。同ホテルの小山徹氏は、「グランデコスノーリゾートは、日本最大級のスキー場情報サイト・SURF&SNOWの調査で、スキー場の総合ランキングやゲレンデ総合ランキング、パウダーが楽しめるスキー場、接客・サービス、子供が安心して滑れるスキー場といった項目でいずれも東北地方のスキー場トップにランクインしている」と紹介した。

また東北地方で最大規模となる山形県の藏王温泉スキー場は、樹氷や周辺の温泉、グルメ、様々なスタイルの宿泊施設などが揃っており、各国のスキーヤーからの人気も高い。タカミヤホテルグループの遠藤拓也氏は、「毎年2月上旬から中旬にかけてが樹氷鑑賞には最適なシーズン。スキーヤーは山頂から樹氷の中を滑り抜けるという、蔵王ならではのスキー体験をし、至近距離で大自然が織りなす景観を楽しむことができる。また夜間には樹氷ライトアップの幻想的な景色も楽しめる」とした。

中国人スキーヤーによる東北地方のスキー体験を紹介するフェーズでは、「日本のスキー場は雪質が素晴らしいだけでなく、東北地方には歴史ある老舗温泉や地方の特色ある郷土料理を堪能できる。日本のその他の人気都市の数々と比較した場合、自然に恵まれた東北地方は日本をより深く体験するツアーにはもってこいだ。今後さらに広くPRし、今後より多くの中国人スキーヤーたちが冬の東北地方の魅力を自ら体験してほしい」と語った。

「東北の魅力 日本東北地方ウィンタースポーツ・観光セミナー」は北京市と大連市の2ヶ所で開催され、合計約250人の専門家やスキークラブ、スキーヤーらが参加した。セミナー後、主催者側は東北地区のパウダースノーを体験できるスキーツアーコースを企画し、スキーヤーたちにこれまで体験したことのないようなウィンタースポーツ・ツアーを提供する予定だ。(編集TK)

「人民網日本語版」2018年10月23日