連休は海外へ!価値がますますアップしている中国パスポート

今年、中国のパスポートの価値が大幅にアップしており、国慶節(建国記念日、10月1日)の連休中には、73の国と地域で、中国の普通パスポートはビザ免除またはアライバルビザ取得が可能となっている。また、中国人観光客を誘致しようと、世界各国は様々な方策を講じている。中国新聞網が伝えた。

「思い立ったらその時」で行ける73の国と地域

8月にまとめられたある報告によると、国慶節の連休期間中、73の国と地域で、中国の普通パスポートはビザ免除またはアライバルビザ取得が可能となっている。統計データによると、今年の国慶節連休中でビザ免除またはアライバルビザ取得が可能な目的地の人気トップ10は、ミャンマー、インドネシア、ベトナム、タイ、モルディブ、アラブ首長国連邦、スリランカ、モロッコ、モーリシャス、フィジーとなっている。

資料写真:ミャンマーのシュエダゴン・パゴダを観光する人々(撮影・任東)。

ミャンマーのアライバルビザは10月1日からスタートすることになっており、有効期限6ヶ月以上のパスポートをもつ中国人観光客は、ミャンマーの国際空港に到着後、アライバルビザを取得すればそのまま入国できるだけでなく、支付宝(アリペイ)や微信(WeChat)でビザ手数料の支払いをすることもできる。

中国とベラルーシは8月10日よりビザ免除協定を施行させており、普通パスポートをもつ中国人観光客は1回で30日間までの滞在が可能で、1年間で累計90日以内までビザ免除での滞在が可能となっている。

ウズベキスタンは7月15日からビザ免除の新政策をスタートさせており、中国人はウズベキスタン国内の国際空港で乗り継ぎを行う場合、5日間のトランジットビザを取得することができる。