中国のネットユーザー数が8億人を突破

中国インターネット情報センター(CNNIC)は北京市で20日、第42回「中国インターネット発展状況統計報告書」を発表した。報告書によると、2018年6月現在の中国のネットユーザー数は8億200万人に達した。上半期は2017年末比で3.8%増(2968万人増)となり、インターネットの普及率が57.7%に達した。携帯電話によるネットユーザー数は7億8800万人で、携帯電話でネット接続する割合が98.3%に達した。新華社が伝えた。

中国のネットユーザーは青少年、青年、中年が中心。今年6月現在、ネットユーザー全体に占める10−39歳の割合は70.8%。うち20代が最高の27.9%。30−49歳の中年ネットユーザーの割合は、2017年末の36.7%から39.9%に上昇し、インターネットの中年世代における浸透が高まっていることが明らかになった。

中国のネット通販利用者とオンライン決済利用者がネットユーザー全体に占める割合は共に71%で、利用率が高い応用例となっている。

オフライン消費で携帯電話を使ったオンライン決済を利用する人のうち、44%が携帯電話を使ったオンライン決済を優先しており、昨年12月より5ポイント上昇した。中国のオンライン決済業界は、利用者数、取引規模、ビジネスモデルなどの面で世界のトップに立っている。

今年上半期にシェア自転車を利用したネットユーザーは全体の30.6%を占め、昨年末より11.0%増となった。タクシー配車サービスは43.2%、20.8%増。タクシー以外の配車サービスは37.3%、26.5%増。(編集YF)

「人民網日本語版」2018年8月21日