端午節以降は中国人の出入国手続きが30分以内に

中国公安部(省)は北京で14日に記者会見をひらき、その席で国家移民管理局は、「6月18日より、全国の陸・海・空口岸(出入国検査場)において、中国人の出入国手続きの所要時間を30分以内とし、ピーク時に大型口岸で中国人が長い列を作って順番を待つ問題を解決するよう尽力する」と発表した。新華社が伝えた。

国家移住者管理局の曲雲海・副局長は、「2017年、全国の出入国者総数は延べ5億9800万人に達した。このうち中国人は延べ5億1200万人だった。国家移住者管理局の設立後、ピーク時における大型口岸で中国人が長い列を作る問題に対する調査・検討が進められてきた。十分な論証・準備を経て、『出入国手続きのために中国人が列に並ぶ時間を30分以内とする』という新たな措置を実施することが決まった」と紹介した。

今回の新措置の徹底遂行を確かなものとするために、国家移民管理局は、全国各地の出入国検査機関に対し、以下の通り具体的指示を出した。

〇出入国旅客が多い口岸には中国人専用レーンを設置し、中国人の出入国手続きをより便利なものとする。

〇現場係員の業務体制をより合理化し、業務プロセスをより改善し、動線管理を強化、検査管理能力のレベルアップに取り組む

〇IT化の運用レベルを大幅に高め、出入国検査場でのセルフ出入国審査サービスを推し進め、セルフ出入国手続きを行う旅客の割合を高める。

〇関連部門と協力して出入国をめぐる環境を改善する。審査場のスペースが狭い、審査レーンの数が少ないといった問題を積極的に解決する

国家移住者管理局は、同時に、全国の出入国検査機関に対して、現場における科学的・合理的な業務配置を強化し、外国人旅客の出入国手続きの効率性を確保するよう求めた。(編集KM)

「人民網日本語版」2018年6月15日