国家典籍博物館で名作古典籍展開催 北京市

北京市の国家典籍博物館では現在、「『詩経』から『紅楼夢』-私たちがこれまでに読んできた名作古典籍」展が開催され、厳選された古典籍70冊以上が会場に展示されている。同展では中国古代文学の真髄を歴史に沿って紹介しており、多くの人々が訪れている。新華網が伝えた。