警官ロボットが深セン北駅に登場 広東省

違法・犯罪の取り締まりを強化し、旅客の移動中の安全を確保するため、広東省の深セン鉄路警察は深セン市人工知能業界協会と協力し、深セン北駅に7日、警官ロボット20台を投入した。ロボットはチームを組み、旧正月前後の帰省・Uターンラッシュに伴う特別輸送体制である「春運」の安全を守る。この特殊な警備チームは多くの機能を一体化させている。公安機関に協力してパトロールし、監視・通報するほか、旅客に安全情報や受け答え、禁煙監督などのサービスを提供できる。新華網が伝えた。