現時点で最大規模となる唐代陵園建築基礎が陝西省で発見

陝西省考古研究院の情報によると、1年近くに渡る発掘調査を経て、唐代宗元陵の唐陵大遺跡保護プロジェクトに重要な段階的な成果があった。考古学者が唐代宗元陵で発見した下宮1号建築基礎は、現在までに発見されている中で保存状態が最も良好な、面積が最も広い唐代陵園建築基礎であることが確認された。これは唐代の宮殿建築の研究と復元にとって重要な意義を持つ。新華網が伝えた。