ロボットが「春運」に対応するため勤務スタート 青島市

マンマシンインターフェースや人工知能(AI)、ビッグデータといった各種新技術を搭載した受け答えロボット「小路」が、山東省の青島北駅の待合室に登場した。運行ダイヤや改札口の位置、飲食、道案内といった情報に関して、旅客に各種言語で受け答えし、「春運(旧正月前後の帰省・Uターンラッシュに伴う特別輸送体制)」期間中の旅客の利便性を高める。新華網が伝えた。