傾いたビルが全く倒れない 重慶市に再びユニークな建物出現

通常、鉄筋コンクリート造のビルはまっすぐと伸びた立方体になるが、重慶市に建てられた2棟の高層ビルはなんと傾いている。その今にも倒れそうなビルを人々は「歪歪楼(傾いたビル)」と呼んでいる。更に驚くべきことに、この2棟のビルの傾きは目の錯覚によるものではなく、実際に傾いているのだ。ビルは底から屋上に至るまでがすべて傾斜状となっており、高さは2棟ともに101.3メートルの24階建てで、傾斜角度が15度、傾斜幅が6メートルだ。このビルを初めて目の当たりにする人々は、ビルが倒れてこないかと心配で、よけて通っているそうだ。中国新聞網が伝えた。