西安と成都結ぶ高速鉄道が年内にも運行開始 所要時間が大幅に短縮

西安鉄路局(鉄道局)はこのほど、「55601号高速鉄道試運転車両が13日午後2時に西安北駅を出発し、四川江油駅を目指して一路南へ向かった。これは、西安と成都を結ぶ西成高速鉄道の運行開始前における全面的な検収作業段階に入ったことを示している。開通後は、現在16時間かかっている西安-成都間の所要時間はわずか3時間にまで短縮されることになる」ことを明かした。新華社が報じた。
今回実施された試運転は、鉄道当局が関連する専門家や企業を組織して西成高速鉄道の全線敷設状況に対して行った全面的な検収作業。この作業は、西成高速鉄道で新たに敷設された西安北-四川江油区間において、初めて試運転車両を往復運行させることで、同高速鉄道の全線設備調整、線路の品質、高速鉄道の運行などの各種状況に対する初歩的な検収を行う。全線において運行条件を全て満たしていることを確認し、正式な運行開始のための確固たる基礎を打ち立てることを目的としている。
西成高速鉄道は、中国で初めて秦嶺山脈を超える高速鉄道となる。同高速鉄道のルートは、西安北駅を出発し、北から南に向かい関中平原、秦嶺山脈、漢中平原、巴山山脈を通過して四川盆地に入り、成綿楽城際(都市間)鉄道とつながり、成都東駅に到着する。このうち新たに敷設された線路は、西安北-江油区間の総距離509キロメートルで、陝西省内343キロメートル、四川省内166キロメートル。全線には、西安北、阿房宮、漢中、新集、江油など16駅が設けられる。営業速度は時速250キロメートル、2012年10月に着工し、年内には運行を開始する見通し。