東北アジア各国のバイヤーたち博覧会にて感じだ「無現金時代」

中国長春で開かれた第11回東北アジアの博覧会に、世界各地からのバイヤーたちが今までとは明らかに違う感じだのが、今年は伝統方式で、いくら儲かたか計算するではなく、要するに自分の携帯で、銀行の口座にいくらか振り込んだか確認するだけで済む。

「お支払いはWechatや支付宝で便利です。」ロシアのウラジオストクから来たのマックスさんが今回中国東北アジアの博覧会の旅を楽しんだと言うだ。このロシア商人、シナノキ系の蜂蜜商売している、しかも長春にてよく売れている。

2年前の第10回の展示館と比べ、はるかに違うところは、2700余りの国際基準に設けたブースの交易には、ほとんどQRコ-ドをスキャンで済む、これは買う方と売る方とも認識されている。
この移動しながらの支給方法は中国人の生活方式を変えたし、海外からの商売人たちにも
変えている。
日本からの商売人大塚朗さんが「無現金時代」の中国もう慣れている。「このシステムは本当に便利で、私も顧客にほとんどwechat(wechat)と取引してる」と言う。