華僑の力を発揮して,東北旧工業基地の振興を推進する

中国国務院僑務弁公室副主任の譚天星氏が9月1日祝辞の中に「長春籍の海外同胞を経て、外国人の人脈が広く、資源の豊富な優位性を発揮しており、多くの形態が先祖の発展の発展に参加し、東北の老工業基地の振興を推進している」と述べた。
「東北旧工業基地を振興するのは中国政府の重大な戦略決定だ」譚天星は、吉林省は中国の重要な工業基地、教育農業強省、長吉図開発開放先導区域建設が全面的に展開され、対外開放が拡大し、投資革新政策の改善に向けて、華僑の中国人投資創業の熱地となっている」と話した。
「韓国人をはじめとする韓国人たちのように、同胞の心を最大限に結集させて、中国の夢を共有するために一丸となって奮闘したい」と話した譚天星が言う。